香川県三木町魅力発信サイト KIT MIKI

メニュー
TODAY'S MIKI 三木の笑顔に出会ったよ

行ってみん?「昭和の宿 こみの」

 小蓑地区で建設中の「昭和の宿 こみの」が完成間近だと聞き、見学に訪れました。この建物は、名前の通り昭和時代の家屋を意識した農泊施設です。

 最初に目を引くのは、やはり石畳のアプローチの先に構えた玄関です。

 そして、中に入るとすぐ土間があり、昔ながらのかまどや水屋が置いてあります。居間の床は畳・スギ・ヒノキで、天井は屋久杉です。こだわりの雪見障子からは、坪庭が望めます。竹や飛び石、灯篭があり、見るだけで心が癒されます。

  

 お風呂は薪で沸かす五右衛門風呂。このお風呂は業者の方が介入せずに地域の方のみで作られています。熱々のお湯だけでなく作った方たちの温かさで心も体もリラックスできるのではないでしょうか。
 かまどや外でのお風呂などに不安を感じる方もいると思いますが、キッチンやお風呂などの水回りは現代のものも設置されており、昔ながらの暮らしを体験しながらも、快適に過ごせるようになっています。

 この施設は、実際に昭和の暮らしをしていた小蓑の方々が中心となって作られたため、古き良き暮らしをよりリアルに体験することができます。初めて来たはずなのにどこか不思議と懐かしさを感じると思います。
 「昭和の宿 こみの」は2020年9月オープン予定です。ホームページから宿泊の予約も受け付けています。ぜひ、実際に足を運んで体感してみませんか。

昭和の宿こみの  http://www.komino.net/
晴ノチコミノ   https://www.harenochikomino.com/

執筆者:三木町町民Reporter 三木高校 流通系列

 三木高校総合学科流通系列では、簿記や情報処理、マーケティングなど商業科目を学んでいます。授業の一環で、地元食材を使用したお菓子の開発や三木町小蓑地区のホームページ作成など地域活性化にも取り組んでいます。

  • 3ヶ月最短移住計画
  • 三木町の住まいを探そう
  • 求人コーディネーターに相談しよう
  • 100の三木ジマンふるさと納税記念品
  • 三木町で働く人に聞きました

PAGE TOP