香川県三木町移住応援サイト KIT MIKI

メニュー
TODAY'S MIKI 三木の笑顔に出会ったよ

誰でも気軽にご利用ください! 
~文化交流プラザ内“メタ・ライブラリー”~

 今回は、三木町文化交流プラザ内にある「メタ・ライブラリー」を訪問しました。
「メタ・ライブラリー」は、絵本や子ども向けの読み物、図鑑から、大人向けの小説、趣味の本、育児本などの書籍が約6万冊、雑誌が約80種類、新聞が9種類、洋楽、邦楽、ジャズなどのCDもあり、無料で貸出しています。館内のAVコーナーでは、1~2人用のブースが6台、3~5人用の家族ブースも1台あり、LDやDVDを家族でゆっくり視聴することもできます。

 

いろいろなイベントを実施しています

 また、毎週土曜日の13時から16時までは、赤ちゃんから大人までみんなで図書館を楽しむ、「まんでがんタイム」を実施しています。小さな子どもと一緒だと、騒いでしまうので図書館に行きにくいと思っている方もいるかもしれません。しかし、赤ちゃんの頃から、本に親しむのはとても大切。私も子どもとよくメタ・ライブラリーを利用します。子どもたちは、幼児の頃から本が大好きで、借りられるだけ借りては、本を山積みにして読んでいました。本を読むことは、読解力が身につきます。子育て中のみなさんに、是非とも利用してもらいたいです。
 まんでがんタイムは、みんな(まんでがん)で図書館を楽しむ時間です。お子さんやお孫さんと一緒にメタ・ライブラリーに行ってみませんか?もちろん、この時間以外にも、どんどん利用してくださいね。

 第2土曜日は、14時から14時30分まで「どんぐりクラブのおはなし会」も実施しています。ボランティアさんによる絵本や紙芝居の読み聞かせのほか、手遊び、折り紙などの簡単な工作を行います。最近は、小学生の女の子も絵本を読んでくれています。スタンプカードを配布していて、おはなし会にきたらスタンプを押してくれます。スタンプが3個たまるとしおりがもらえ、6個たまるとちょっとした景品がもらえるそうです。
 10月頃にはハロウィンや魔女の絵本の特集コーナーができ、メタ・ライブラリー前にはハロウィンの写真が撮れるパネルも登場するようですよ。

 

 その他にも、年に4回赤ちゃん向けの読み聞かせをしてくれる「らっこのじかん」や、メタ・ライブラリー主催で、子どもの読書に関する研修会、子ども向けのイベントもたくさんやっています。内容はさまざまですので、問い合わせてみてくださいね。

町内外問わず、気軽に立ち寄れる居場所

 メタ・ライブラリーの川北主任は次のように話します。
「現在、町内の方だけではなく町外の利用者も多いんです。メタ・ライブラリーは土日も開催しており、利用者カードの登録をすると、インターネットで予約や貸出期間の延長ができるほか、他の図書館の本も取り寄せて借りる事ができますよ。」
 そして、
「三木町に住んでいる方はもちろん、町外の方もどんどん利用してもらいたいですね。年配の方でもゆっくりくつろげ、誰でも楽しい時間を過ごせる場所ですので、気軽に利用してほしいです。」

 メタ・ライブラリーは、年齢関係なく、みんなが楽しく、ゆったりと安らげる場所だと思います。ぜひぜひ、気軽に行ってみてください。


information

メタ・ライブラリーの最新情報はこちらをご覧ください。
 →http://miki-plaza.jp/library/


執筆者:三木町町民Reporter 三木町愛育会 長尾周子

三木愛育会、子育てサークルみきっこの長尾です。小学1、4、6年生3人の子育て中です。三木愛育会は、ぽかぽかクラブ、ポッケ、みきっこの3つの子育てサークルと、子育てボランティアどんぐりんです。子育てをしている全ての人が、楽しんで子育てをしてもらえるように、同じ子育て中のママたちで運営してます。愛育会の活動をお知らせしていきます。よろしくお願いします。

  • 3ヶ月最短移住計画
  • 三木町の住まいを探そう
  • 求人コーディネーターに相談しよう
  • 100の三木ジマンふるさと納税記念品
  • 三木町で働く人に聞きました

PAGE TOP