香川県三木町魅力発信サイト KIT MIKI

メニュー
TODAY'S MIKI 三木の笑顔に出会ったよ

私の三木町~三木町へ留学して~

 私が初めて日本に来て訪れた場所は東京でした。東京は都会で便利でしたが、田舎生まれの私にとっては賑やかでした。ですから、東京よりも静かで、平和な町の大学に行くと決心しました。三木町にある香川大学農学部はその一つです。東京周辺以外には行ったことがなかったので、三木町はどのような町なのかわかりませんでしたが、初めて三木町に来た時の記憶がよみがえってきました。
 飛行機で香川に来て、バスから電車に乗り換え、農学部の所在地の三木町に着きました。朝はまだ賑やかな新宿でしたが、農学部に近づくと静かな町が私の目の前にありました。2年間東京に住んでいたので、ちょっと慣れない部分もありましたが、それでも親しみを感じました。
 2年間は短いですが、私は大学生活を平和で楽しめるところだと思いました。合格結果が出て、躊躇なく香川に行くことを決めました。

 最初、本学の近くに住みましたが、2年生から、三木町に引っ越しました。田舎と思う人もいますが、私にとっては、平和で、静かで、親しみやすい三木町です。スーパー、コンビニ、郵便局、駅、バス、薬局、病院なども全部近いので、便利です。たくさん食材を買う必要がなく、学校が終わってスーパーによって毎日新鮮なものを手に入れられます。
 また、運動や文化などを体験したかったら、サンサン館みきにたくさん教室があります。特に、ストレスが溜まった時や落ち込んだ時に山に登って、夕日を見たり、桜や紅葉を見たりすることで元気を取り戻せました。
 そして、年に一回の「獅子たちの里三木まんで願」では、外国人の私たちでも日本のお祭りを味わうことができました。毎日、優しい人ばかりと出会って、知らない留学生の私たちに野菜や果物をくれることに感動し、日本人の優しさを感じました。卒業した先輩留学生からも三木町の生活が懐かしいという声をたくさん聞きました。

 これから、私は就職をする予定ですので、三木町から離れるかも知れません。新しい場所で、新しい生活を送ることになれば、三木町のことが懐かしくなると思います。


執筆者:三木町町民Reporter:PHAM THI HONG THAM(ファムティーホンタム)

 香川大学農学部3年のベトナム人留学生です。日本の食べ物と景色に憧れ、日本に留学しました。日本にいる間に日本の生活を楽しみ、たくさんの友達を作りたいです。将来、日本で勉強したことを母国で活かし、日本とベトナムの架け橋になりたいです。

  • 3ヶ月最短移住計画
  • 三木町の住まいを探そう
  • 求人コーディネーターに相談しよう
  • 100の三木ジマンふるさと納税記念品
  • 三木町で働く人に聞きました

PAGE TOP