香川県三木町移住応援サイト KIT MIKI

メニュー
TODAY'S MIKI 三木の笑顔に出会ったよ

将来の夢はプロ野球選手!
~三木中学校1年 安西洸晟(あんざいこうせい)君~

 阪神タイガースJr.2016のセレクションに合格し、NPB12球団ジュニアトーナメント2016 supported by 日能研で準優勝に輝いた元氷上軟式スポーツ少年団安西洸晟君に話を伺いました。


なぜ阪神タイガースJr.のセレクションを受けようと思ったのですか?


 小学1年生から2学年上の兄の影響で氷上軟式野球スポーツ少年団で野球を始め、小学4年生のときに出場した県大会で準優勝しました。しかし、その時対戦した強豪チームの6年生たちは体も大きく、投げる球もとても速かったため思うように自分のプレーができず悔しい思いがあり、そのころから同年代の全国の強豪チームと対戦してみたいと思うようになりました。
 しかし、自分が6年生になった年のチームは残念ながら全国大会出場の夢は叶いませんでした。そんな時に父から、NPB12球団ジュニアトーナメントの存在を知らされました。その大会はこれまで何人ものプロ野球選手を輩出している大会で、少年野球最高レベルの選手が集まる全国大会でしたので、セレクションに参加すれば高いレベルの選手とプレーができるため、自分がどこまで出来るかチャレンジしてみたいと思いました。


実際に阪神タイガースJr.に入ってみていかがでしたか?


 セレクションのときから分かっていたことですが、実際に練習に参加してみて、合格者の体の大きさには驚きました。また打撃も守備も自分より上手な選手が多く、これは相当頑張らないと試合に出ることは出来ないと思いました。
 しかし、なんとか強化合宿や練習試合をこなし宮崎県のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われた本大会を迎えました。そこに集まった12球団のジュニアチームの中には侍ジャパンU-12のメンバーも何人かいましたし、対戦してみて、今まで見たことのないスピード、技術を持ったすばらしい選手がたくさんいました。
 そんな中でチームが一丸となって準優勝まで勝ち上がれた経験は今後の野球人生においてすごくプラスになると思いました。


両親から洸晟君へ一言お願いします。


 元プロ野球選手からの貴重な御指導や甲子園での練習、阪神タイガースのユニフォームを着てすばらしい球場でプレーさせていただくなど、親も夢のような時間を過ごさせてもらいました。これまで関わっていただいたすべての方々に感謝しかありません。
しかしまだこれからなので、この貴重な経験を生かしてさらに上を目指して頑張っていってほしいです。


これからの夢を教えて下さい。


 今現在は中学硬式野球のチームに所属しています。将来は高校野球の強豪校に入り、甲子園で活躍したいです。そして一軍で長く活躍できるプロ野球選手になり育てていただいた地元に恩返しできるような人になりたいです。

 本当に将来が楽しみな洸晟君。
 これからいろんな困難があると思いますが、ぜひ、プロ野球選手を目指して頑張って下さい。

執筆者:三木町町民Reporter 橋本 一二(はしもと かずじ)

平成9年に三木町氷上に引越してきました。

  • 3ヶ月最短移住計画
  • 三木町の住まいを探そう
  • 求人コーディネーターに相談しよう
  • 100の三木ジマンふるさと納税記念品
  • 三木町で働く人に聞きました

PAGE TOP