香川県三木町移住応援サイト KIT MIKI

メニュー
TODAY'S MIKI 三木の笑顔に出会ったよ

妊婦さんもサポート! 3歳未満の子どもを育てている家庭にホームヘルパーを派遣。

小さな子どもがいるママは、家事がとても大変。朝早くから夜遅くまで、毎日の生活のために欠かせない家の用事を、目の離せない子どもの世話をしながら済ませないといけないからです。おまけに家事や子育てには日曜日がありません。
「日々お疲れのママに、ほんの少しでも休んでもらうために」。

小さな子どもを育てている家庭を応援する、「子育てホームヘルプサービス事業」をご存知ですか? 三木町シルバー人材センターから派遣のホームヘルパーが依頼主の自宅を訪れ、炊事や洗濯、掃除、買い物などの家事をサポートするとても便利なサービスです。三木町に住所を持つ、3歳未満の子どもを養育する保護者が対象で、妊娠中のプレママやパパでもサービスが受けられます。利用料金は、1時間あたりたったの200円。1日に1回、3時間までの利用が可能で、サービス対応時間は日曜日や祝日、年末年始を除く午前8時から午後6時です。利用したい場合は、三木町シルバー人材センター(電話:087-899-8817)に希望日の7日前までに連絡し、必要事項を伝えればOK。あとは当日、ホームヘルパーさんの訪問を自宅で待つだけで、特別な準備は必要ありません。

「こんなことなら、もっと早くから利用していれば」との利用者の声。

ホームヘルパーさんを家に上げて手伝ってもらうことに、ママは色々と抵抗があるかも知れません。知らない人が自宅に来ることに不安も感じます。「頼みたいけど、気が引けてしまう…」。2016年の9月に初めてサービスを利用した、4歳と2歳の子どもを持つ4人家族の主婦・辻圭李(かどり)さんもその一人でした。でも今、辻さんは「もっと早くから利用しておけばよかった」と朗らかに話します。辻さんに色々とお話を伺いました。

Q:サービスを利用したきっかけは?

パンシェルジュの資格を取るため、県外で行われる試験に臨まなければならなかったのですが、勉強をしたり、身体を休ませたりする時間が欲しくて、2日間のサポートをお願いしました。

Q:どんなお手伝いをヘルパーさんにお願いしたのですか?

初日は1時間だけサービスを利用し、女性ヘルパーさんに晩御飯を作ってもらう予定でした。ところが、来ていただいたヘルパーさんがとってもいい方で、仕事も早く、結局3時間まるまる甘えてしまうことに。玄関やリビング、和室、浴室などを丁寧に掃除してもらったり、洗濯物を干してもらったり、おまけにアイロン掛けまで!? もちろん晩御飯も、ハンバーグやポテトサラダ、キャベツの千切りと、お味噌汁…、デザートにスイートポテトまで並ぶ豪華版でした。

Q:サービスを通じて何か気がづいた点はありますか?

来てくれたヘルパーさんの配慮やお気遣いです。例えば、衣服の型崩れや皺を防ぐ洗濯物の干し方、畳み方など、細かい部分の対応がとても丁寧で安心しました。料理も家族の人数分お皿にきちんととりわけ、さらに子ども用のご飯は食べやすいようにおにぎりにする徹底ぶりです。感激しました。

Q:ヘルパーさんが家事をしてくれている間、辻さんは何を?

子どもと一緒に家で遊んだり、お昼寝をしたり(笑)。どれもサービスを利用するまではできなかったことばかりです。家事に追われていると、子どもの相手をじっくりとできません。子どもとのゆったりとした時間は、肉体的な疲労の軽減だけではなく、気持ちの面でもリラックスすることができました。また、子どもにとっても充実した時間になったようです。試験勉強も、ヘルパーさんが一日分の家事をほぼ終わらせてくれたお陰で、その日の晩は集中してすることができました。

Q:ズバリ、助かりましたか?

それはもう、大助かりでした。主婦も人間なので、体調が悪いときもあります。気分が優れないときもあります。でも、家事や子育てはそんなことにお構いなし。待ってはくれません。そして無理をすることで病気になったり、ストレスで子どもに当たったり、夫婦げんかが起きたり…。悪い方に進むこともあります。そうなる前に、家事を安心して気持ちよく代わってもらえるサービスがあるのは、とても心強いです。

Q:ご主人の反応は?

サービスを利用したことを話すと「よかったね」と喜んでくれました。負担が軽減したことよりも、その時間を私が楽しく過ごせたことにホッとしてくれたようです。ただ、「私が作った料理とどっちが美味しい」の一言は、怖くて聞けませんでしたが…(笑)。

Q:まだサービスを利用していない方にメッセージを。

サービスを利用すると、身体が楽になるばかりではなく、心にもゆとりが生まれます。そうすると、また家事と育児を頑張れる! 次の利用を楽しみにすることで、毎日の生活にリズムやメリハリもつきます。ぜひ一度、子育てホームヘルプサービスを利用してみてください。後悔しませんよ。「家の中を見られて恥ずかしい」といった気持ちが湧くのは最初だけ。助けられる喜びに比べれば些細なことで、すぐに忘れてしまいます(笑)。

その後、辻さんは見事にパンシェルジュの試験に合格。もちろん、サービスは今後も継続的に利用する予定です。

====================

子育てホームヘルプサービス事業

問い合わせ/三木町役場まんでがん子ども課(母子保健係) 
電話087-891-3322(内線1816・1817)

三木町シルバー人材センター
電話087-899-8817

  • 3ヶ月最短移住計画
  • 三木町の住まいを探そう
  • 求人コーディネーターに相談しよう
  • 100の三木ジマンふるさと納税記念品
  • 三木町で働く人に聞きました

PAGE TOP