香川県三木町移住応援サイト KIT MIKI

メニュー
TODAY'S MIKI 三木の笑顔に出会ったよ

世界一ひとにやさしい現場をめざして 
  ~有限会社 都島興業~

 今回は三木町大字井戸にある有限会社都島興業を訪問しました。

 都島興業は一般鉄筋工事と副資材の販売や鉄筋工事の管理に必要なサービスを提供しており、今年で創業30年を迎えます。平成の時代を突っ走ってきた都島興業ですが、今回は平成28年3月に代表取締役に就任された、二代目眞部社長にお話を伺うことができました。

 将来、日本は人口減少により建築業界は働く人がほとんどいなくなってしまうと予想されています。特に建築業界は0から100まで手を使って作業している作業が多いため、自動化の流れがほかの業界に比べて遅いといわれています。
 企業努力をしてその問題を乗り切るために少人数で施工できるように仕組みを考えて省人化できる商品やサービスを提供しています。現在、鉄筋工事を簡略する商品・材料とサービスを提供し、今までのやり方より約30%省人化できるとのことです。

 省力化・・・楽にすること
 省人化・・・人を要らなくすること(削減ではない)

世界一ひとにやさしい現場づくり

 将来に対する危機感を抱く都島興業ですが、社のモットーが「世界一ひとにやさしい現場を創る」。そのために、2020年までに以下の3つの目標を掲げています。

 一つ目が「お客様と共に歩める企業となること」。
 「目先の利益を追求するのではなく、お客様の要望を聞き、現状から問題点を発見し、より良いもの、喜んでもらえるものを提案していきたい」。

 二つ目が「建設産業における省力化のリーディングカンパニーとなること」。
 危機感を持ちながら建築業界全体のことを考え、固定概念にとらわれず、新商品を開発・新サービスを提供し、企画力のある会社づくりを目指しています。県内にとどまらず、眞部社長自らが東京へ赴き、営業活動を行っています。眞部社長は、一企業に対してだけではなく、業界全体に対して働きかけており、まさに建築業界を活性化させるリーティングカンパニーといえます。

 そして、最後に「社員・協力企業が共に成長し、勝ち取ることが出来るステージとなること」。厳しい時代だからこそ、会社が生き残るために先を見据え、他者にはないものを生み出していかなかなければなりません。都島興業は従業員が15人程度で、決して大きな企業とは言えません。だからこそ、社員・協力企業が一丸とならなければなりません。

 最後に、眞部社長は若い人達へ次のように期待を寄せます。
 「この仕事がおもしろい、この会社で骨を埋めたいという人がもっと増えていってほしい。」
 眞部社長は以前、調理師として働いていたという経歴もあり、業界に拘らず、志を共にする人達と手を組み、香川県そして三木町をもっと元気に、明るい町にしていきたいと意気込みます。
 固定観念にとらわれず、若い発想で、ますます成長し続ける都島興業に今後も期待したいです。


infomation

有限会社都島興業
所在地  香川県木田郡三木町大字井戸1577-1 (旧(株)アトリエ香川熊田工場跡)
電話番号 087-899-8085(担当/眞部達也) 
FAX   087-899-8086
【事業内容】
鉄筋工事一式・販売
鉄筋ジャバラユニット工法四国4県と兵庫県代理店
鉄筋ユニット設計・製造
エコウェルサポート代理店
エコウェル協会会員

執筆者:三木町町民Reporter 蒲生宰実(がもう おさみ)

 生まれも育ちも三木町です!現在家族5人で生活しております。現在、株式会社UMOGA(ウモガ)でのぼり旗や暖簾を製造販売しており、自営業ということもあり三木町の会社を中心にご紹介したいと思っております!
 HP ➝ http://www.nobori-noren.com/

  • 3ヶ月最短移住計画
  • 三木町の住まいを探そう
  • 求人コーディネーターに相談しよう
  • 100の三木ジマンふるさと納税記念品
  • 三木町で働く人に聞きました

PAGE TOP