香川県三木町魅力発信サイト KIT MIKI

メニュー
TODAY'S MIKI 三木の笑顔に出会ったよ

お客様を第一に~松本製作所~

 こんにちは!三木町レポーターの蒲生です。
 今回もびっくりする、業界で注目されている企業さんを取材してきました!それは三木町井上にある高松東ファクトリーパーク内の株式会社松本製作所さんです。

 松本製作所はどんな会社かというと「高性能な扉」をつくっている会社です。
 扉といっても、松本製作所がつくっているのは家庭用ではなく、薬品工場や食品工場、物流倉庫などの防熱扉です。コロナワクチンを保管する冷蔵庫の防熱扉や、あの豊洲新市場の防熱扉もつくられたそうですよ。

防熱扉って?

 松本製作所がつくっている防熱扉を説明します。
 食品工場や薬品工場では、温度を厳密に管理する必要があり、ドアの開閉によって温度が変わってしまうと品質に影響してしまう可能性があるため、防熱扉は非常に重要な役割を担っています。
 また、最近は食品工場での食品衛生管理が大変厳しくなっています。防熱扉の骨になっている部分にはもともと木材が使用されており、木の腐食による衛生問題がありましたが、松本製作所では、樹脂を使用しているので腐食による衛生問題を防ぐことができます。

温度管理と作業性

 防熱扉には「温度管理」ともう一つ、「作業性」が求められるとおっしゃっていました。
 お客様の要望を聞いて、加工方法や部材を決め、システムなどを製作する必要があり、お客様によって要望が変わるので一つ一つ確認をしてご提案をするそうです。
 最近では、扉を開閉するときに触らなくても開けられるようにしたり、手をアルコール消毒すると扉が開くように機械を連動させたりとコロナ禍でのニーズにも対応しています。

 外部へ依頼すると、断られたり、時間がかかったりする場合がありますが、松本製作所は自社一貫体制で製造販売をしてお客様の細かい要望をお聞きし「他社ができないこと」を実現しています。
 また、防爆規格での使用条件に適合した防爆仕様の扉やパッキン、断熱材等の材質を変更し120℃に耐えられる高温扉もつくるなど、新しい事にも挑戦をしています。
  

工場見学!

 防熱扉をつくっている工場を見学させていただきました。特に印象的なのは、すごくキレイな工場であることです。ステンレスをカットしたり、曲げたり、組み立てたり、様々な工程がありますが、どの場所も整えられて状況がすぐ把握できるような環境でした。
 そして面白いのが、性能実験です。
 カウンターがついていて開閉が何回行われているのか目視しながらどの部材が痛んでくるのか分かるようにし、前もってお客様に交換時期を伝えられるようになるそうです。
 お客様第一と考えられている松本製作所さんは、現場を見ても納得できる素晴らしい会社でした。

 最後に、お話を伺った松本専務は雇用をつくり働きがいのある会社にすることで三木町移住に繋げ貢献したいと話してくださいました。
 忙しい中、取材の時間をつくってくださり誠にありがとうございました。

Information

株式会社松本製作所
代表取締役 松本洋篤
住所:〒761-0705 香川県木田郡三木町井上3800-22 高松東ファクトリーパーク1号 
TEL:087-814-4677 
FAX:087-814-4676 
Email:matsumoto@mcorp.co.jp 
HP: https://mcorp.co.jp/

執筆者:三木町町民Reporter 蒲生宰実(がもう おさみ)

 生まれも育ちも三木町です!現在家族5人で生活しております。現在、株式会社UMOGA(ウモガ)でのぼり旗や暖簾を製造販売しており、自営業ということもあり三木町の会社を中心にご紹介したいと思っております!
HP→http://www.nobori-noren.com/

  • 3ヶ月最短移住計画
  • 三木町の住まいを探そう
  • 求人コーディネーターに相談しよう
  • 100の三木ジマンふるさと納税記念品
  • 三木町で働く人に聞きました

PAGE TOP