香川県三木町移住応援サイト KIT MIKI

メニュー
TODAY'S MIKI 三木の笑顔に出会ったよ

ここにしかないビーズがいっぱい!!  
  ~『ヒトツブビーズ店』~

 

 可愛らしいお店の中を覗くと、そこには小瓶に入ったビーズがいっぱい。
 キラキラ輝いていて、まるで隠し部屋を見つけた気分になります。
 それもそのはず。
 店主さんこだわりの海外直送ヴィンテージビーズから個性的なデッドストックビーズまで揃っていて、中には日本中・世界中を探してもこの店にしかない貴重なビーズもあります。
 しかも日・月・火曜日の週3日間しか開いていません。
 店主は、三好なおみさんと山村文彦さん。実はご夫婦です。
 三好さんは20年間アクセサリー作家としても活躍しています。

三木町でお店をオープンするきっかけは・・・

 山村さんがたまたま見つけたのが、ここ三木町でした。
 「見つけた時は、草はぼうぼうでテラスもボロボロな小さな小屋だったのですが、すごくイメージを掻き立てる雰囲気でした。ここならテーマカラーは赤で、たくさんのビーズが詰まった瓶で壁一面を埋め尽くしたらすごく素敵になる。」
 と持っていたイメージが一発で固まったと三好さんは言います。
 20年間アクセサリーを作ってきたのは、この為だったと感じました。」と。
 そして、平成29年3月『ヒトツブビーズ店』がオープンしました。

『ビーズとは芸術品であり、究極の半完成品』

「お店をオープンしてから再確認したことは、自分が思っていた以上にビーズマニアだったことです。」
 小学生の頃からビーズ大好きな三好さん。
 ずっとビーズに関わっていきたいと、これまで知識と経験を積んできました。
 「ビーズは職人さんが手間暇かけて作っています。ビーズにもストーリーがあり、知らないことはもったいないです。〝どこで〟〝どんな風に〟などのストーリーをぜひ知ってほしいです。」
 「ビーズは、アクセサリーを作る為の材料である前に、創意工夫が詰まった一つの作品だと思っています。」と。
 ビーズヒトツブヒトツブの価値を理解して大切にして欲しい。
 お店の名前もそんな想いが込められているように感じました。

これから

 現在ビーズは約850種。
 年内に1000種に向けて仕入れ中。
 今後はワークショップも検討中とのこと。
 1個30円~300円程度で、ハンドメイドされる方だけではなく、
 お小遣いを握りしめた小学生もやって来るそう。
 オープンして間もないのに、もうすでに子どもから大人まで地元の人達に愛されています。
 「たくさんのビーズの中から、直感や好みとビーズのストーリーを合わせて、素敵なビーズと出会って欲しい。」
 扉を開けば、きっと出会えるはずです。
 自分に、友達に、家族に、大好きな人に、ヒトツブビーズみつけてみませんか。


執筆者:三木町町民Reporter 谷岡 美雪(たにおか みゆき)

 三木生まれ、三木育ち、三木在住の三木大好きな2人の娘をもつママです。
 三木町で出会った魅力ある人や、お気に入りの店を紹介していきたいと思っています。

  • 3ヶ月最短移住計画
  • 三木町の住まいを探そう
  • 求人コーディネーターに相談しよう
  • 100の三木ジマンふるさと納税記念品
  • 三木町で働く人に聞きました

PAGE TOP