香川県三木町移住応援サイト KIT MIKI

メニュー
TODAY'S MIKI 三木の笑顔に出会ったよ

「頑張って努力し続ければ必ず結果はついてくると、自分を信じることが大事です。」

『高松バレエアカデミー』

女の子なら一度は憧れるバレリーナ。
トゥシューズをはいて大舞台で踊ってみたい。

そんな夢を叶えたのは
『高松バレエアカデミー』で主宰を務める佐藤美由紀先生。
小学4年生からバレエを始めました。
今でもそうですが、決して早いとは言えないスタートだったようです。
しかし中学生ではもうプロのバレリーナになると決めていたといいます。
「目標や夢を持つことはすごく大切!!」
「努力しても出来ないとあきらめてはダメ。
もし迷うことがあっても何かきっかけがあるはず。」
先生のきっかけはコンクールでした。
中学生の時、コンクールで会う同年代の子と刺激し合い、自分を高めていったそうです。

高校生になるとコンクールで優勝するようになり、
卒業後バレエの本場ヨーロッパへ渡り、プロのバレリーナとして活躍。
帰国後すぐ2009年出作町で『高松バレエアカデミー』を設立。
自身の経験を活かし、バレエの素晴らしさを広く分かってもらいたいという想いで。
そして2014年には地元三木町にも『高松バレエアカデミー三木スタジオ』を開設。
実は三木町生まれ、三木町出身の佐藤美由紀先生。
地元三木町にスタジオ設立することをずっと考えていたといいます。

次なる目標


「バレエには努力と精神の強さが必要です。
頑張って努力し続ければ必ず結果はついてくると、自分を信じることも大事なのです。」
「そして、世界で活躍するようなプロのバレリーナになってほしい。」と。
先生のポーズは指先までとても美しく、
これまで積み重ねてきた努力や経験が現れているよう。
次なる目標は世界で活躍するバレリーナを育てること。

そんな先生ですが実は裏方も好きだとか。
「舞台の上のスポットライトももちろん気持ち良いけど、
裏で衣装や小物を作るのも結構好きです。発表会のティアラも私が作ったのですよ。」
と、屈託のない笑顔でお話してくれました。
華やかな舞台の上だけでなく、地味な作業にも一つ一つ丁寧に。
表裏関係なく何にでも一生懸命頑張る姿は、とても素晴らしく美しく感じました。

高松バレエアカデミーでは、下は3歳から上は60歳代まで総勢50名ほど
幅広い人たちがバレエを楽しんでいます。
バレエと新体操には深い繋がりがあるとされていて
新体操を習いながら、原点であるバレエをする子もたくさんいます。
厳しいレッスンの合間にも、笑いが起ることもあり皆さん楽しそうです。
興味がある方は、一度見学に。

◆お問い合わせ先

執筆者:三木町町民Reporter 谷岡 美雪(たにおか みゆき)

三木生まれ、三木育ち、三木在住の三木大好きな2人の娘をもつママです。
主人は高知出身ですが、三木色に染まりました。
三木町で出会った魅力ある人や、お気に入りの店を紹介していきたいと思っています。

  • 3ヶ月最短移住計画
  • 三木町の住まいを探そう
  • 求人コーディネーターに相談しよう
  • 100の三木ジマンふるさと納税記念品
  • 三木町で働く人に聞きました

PAGE TOP