香川県三木町魅力発信サイト KIT MIKI

メニュー
TODAY'S MIKI 三木の笑顔に出会ったよ

「違和感」を愉しむ面白さ
  ~PADMA IMAGE(パドマイメージ)~

今回は三木町在住のメガネデザイナー 蓮井明治さんにお話を伺いしました。
たまたま、私と同学年で三木中学校出身の方です。
三木町で同年代の方の話を聞くことは大変刺激があった取材となりました。
さっそく蓮井さんにメガネデザイナーに至った経緯をお聴きしました。

蓮井さんは高校の時は、それほどメガネに興味はなかったとのこと。
県内の高校を卒業後、広島県の大学に進学。
そして、メガネセレクトショップでオリバーピープルズのメガネと出会ったことで人生の転機が訪れました。

「メガネをかけることで、新しいスタイルの自分を発見したり、友達から褒められて
嬉しかったことがメガネに興味が湧くきっかけとなりました。
その当時、欲しいと思う理想的なメガネがなくて、
自分が欲しいメガネのイラストを描いたりしていました。」
と、蓮井さんは言います。

大学を卒業後は、大阪のメガネショップで働くこととなりました。
そこでデザインの技術や製造工程などを学びながら、
お客さんに喜んでいただけるようなメガネづくりのノウハウを蓄積していったようです。

「しかし、多くの方に喜んでいただけるメガネをつくるため自分らしさが出せなかったりして、心のギャップを感じていました。起業するまでにお金を年間100万円ずつ溜めて独立をしました。
東京や大阪などでの開業を考えましたが、生まれ育った故郷である三木町に恩返しをしたいと考え帰郷を決意しました。
その後独立をするまでは、メガネ製造のシェア9割を誇る福井県鯖江市に赴き、製造工程の勉強や自分が考えたデザインを形にしてくれる工場を探しました。そして、自分の想いをカタチにする工場との出会いがあり、なんとか試行錯誤をしながら商品化することができました。
時間をかけて商品化しましたが、開業当初は安定するまでバイトをしながら生計を立てる日々を過ごしました。
全国のメガネショップへ営業をしながら、イベントに出店をすることで、つながりができ注文が増えていきました。」
と、これまでの経緯を語ってくれました。

蓮井さんがデザインするメガネのコンセプトは“アシンメトリー”。
シンプルでありながら違和感を与えるアイウェアということで、あえて、フレームを左右非対称にデザインしています。かけた瞬間は違和感がありますが、しばらくするとその違和感が心地よく、顔の形や髪形にマッチしていきます!
アシンメトリーや幾何学デザインのフレーム、UV印刷を施したメガネなど、他社にはないメガネを製作しています。
また、フレームの材質にもこだわりが!カラーリングや発色を楽しめるよう、イタリアのマツケリー社のアセテート生地を主に使っているそうです。

また香川県の画家やカメラマンとコラボし反響をいただいたそうです。
東京を中心に50店舗、県内では高松市今新町にある【augen optik】さんで販売しています。

 

取材を忘れるぐらい
メガネやデザインの話がとまらない三木町出身のメガネデザイナー蓮井明治さん(笑)
そんな蓮井さんが手掛けるメガネをかけると新しい自分を発見できるし、めちゃカッコイイです。
ぜひ、チェックしてみてくださいね!

●infomation

【padmaimage】
所在地 香川県木田郡三木町大字平木543-16
※自宅兼事務所ですので店舗としての役割は持っていませんが、サイトから予約いただければ商談・見学は可能です。
サイト https://www.padmaimage.com/
お買い求めは下記まで

【augen optik】
所 在 地 香川県高松市今新町8-2
営業時間 昼12時~午後8時
定 休 日 毎週水曜日
電  話 087-822-2438
サイト https://augen-optik.biz/

 


執筆者:三木町町民Reporter 蒲生宰実(がもう おさみ)

 生まれも育ちも三木町です!現在家族5人で生活しております。現在、株式会社UMOGA(ウモガ)でのぼり旗や暖簾を製造販売しており、自営業ということもあり三木町の会社を中心にご紹介したいと思っております!
HP→http://www.nobori-noren.com/

  • 3ヶ月最短移住計画
  • 三木町の住まいを探そう
  • 求人コーディネーターに相談しよう
  • 100の三木ジマンふるさと納税記念品
  • 三木町で働く人に聞きました

PAGE TOP