香川県三木町魅力発信サイト KIT MIKI

メニュー
TODAY'S MIKI 三木の笑顔に出会ったよ

ASUS主催で行われた科学体験教室

 今年もこの季節がやってきました。
 6月30日(日)にサンサン館みきで、科学体験教室が行われました。厳しい暑さにもかかわらず、多くの方が参加しました。
 科学体験教室は、主に三木町の小学生を対象に、実験を通して科学をわかりやすく、そして、面白く学んでもらうためにASUSが主催しています。
 今回は「ダイラタンシー現象」、「色が変わる焼きそば」、「スーパーボールを作ろう」の3つのテーマで子どもたちと一緒に実験などを行いました。


 「ダイラタンシー現象」では、身近にある片栗粉を利用した実験を行いました。ある割合で水に片栗粉を溶かしたものを、手で握って力を加えると固まったり、力を抜くと水になったりするものでした。この現象には子どもたちも驚き、不思議な感触を楽しんでいました。


 「色が変わる焼きそば」では、酸性やアルカリ性などを示すpH値を利用した実験を行いました。紫キャベツ、レモンなどを使って焼きそばの色を変えるというユニークなものでした。色が変わった焼きそばはそのまま食べられるので、これには子どもたちも大喜びでした。


 「スーパーボールを作ろう」では、洗濯のり、食塩、絵の具などからスーパーボールを作りました。今回の科学体験教室ではこの実験が一番人気で、作ったスーパーボールをみんな大事そうに抱えていました。

 この企画は、ASUSの学生が主体となって行われるものです。子どもたちとの年齢も近いので、部員と子どもたちとの交流も自然と多くなり、科学実験中は、子どもたちの笑顔が絶えることはありませんでした。
 エネルギッシュな子どもたちとの活動をASUSの部員もとても楽しんでいました。子どもたちならではの柔軟な実験の楽しみ方も一緒に実験をしていてとても面白かったです。子どもたちだけでなく、大人の方でも目を見張るような内容であったと感じました。

 毎年恒例となりつつあるこの企画ですが、来年はどのテーマで行われるのでしょうか。
 この活動を通して、子どもたちに科学に対する興味を持ってもらい、ASUSの部員たちも自分のやりたいことを実現する行動力を強めていきたいです。

執筆者:三木町町民Reporter ASUS(エーサス)

 ASUS(エーサス)とは、香川大学農学部のボランティアサークルのことです。現在は、農学部生1年生~4年生まで総勢84名で活動しています。農学部の行事のお手伝いや、実際に自分たちが企画を立ち上げ運営していくことで主体性と企画力・運営力を養っています。

  • 3ヶ月最短移住計画
  • 三木町の住まいを探そう
  • 求人コーディネーターに相談しよう
  • 100の三木ジマンふるさと納税記念品
  • 三木町で働く人に聞きました

PAGE TOP