香川県三木町魅力発信サイト KIT MIKI

メニュー
TODAY'S MIKI 三木の笑顔に出会ったよ

香川大学×役場×地域の連携!

 

三木町フットパスのイベント開催に向けて

 私たち香川大学経済学部西成ゼミ生は、学生の視点で感じた三木町の魅力を、少しでも多くの人に伝えることを目標に、昨年の10月から、三木町でフットパスのイベント開催に向けて取り組んでいます。

フットパスとは

 フットパスとは、森林や田園地帯、古い町並みに設けられた歩行者用の小道のことで、ありのままの自然や風景、地元の人との交流を楽しみながら散策するためのものです。フットパスを行うことで、①既存の資源や施設を使って、ありのままの魅力を発信すること、②参加者の滞在時間を伸ばし、経済効果を高めること、③交流人口の増加などにつながります。三木町の隠れた魅力を発見し、多くの人に知っていただきたいと思っています!

私たちの取り組み

 三木町のシンボルである白山を拠点に、自然や歴史を満喫できるコースとなるよう、私たちも実際に歩きながら、検討を重ねています。条里制が広がる田園風景、白山が映る大きな池、三木町の歴史を感じる神社など、様々な魅力を発見することができました。
 このフットパスのイベントのガイドは、ふるさと納税制度を活用した地域活性化を表彰する「ふるさとチョイスアワード2019」で最高の総合大賞を受賞された、谷川木工芸3代目の谷川清さんがしてくださることに!

取り組みを通じて

 実際に歩きながら資源探しをして、三木町を訪れる度に、新しい資源や人との出会いがあり、私たち自身も楽しみながら取り組むことができました。気さくに話しかけてくださる方や、フットパスプロジェクトを前向きに考えてくださる方が多く、とても嬉しかったです。同時に、三木町の方と触れ合う中で、昔からのコミュニティを大切にされていて、温かい雰囲気を感じたことが印象的でした。

フットパスのイベント開催!

 今回紹介したイベントは4月11日(土)に開催します。詳細は後日お知らせします。参加者同士の交流や、讃岐桶樽を使った昼食も楽しむことができます。今回の第1弾となるイベントをきっかけとして、三木町でさらにフットパスが親しまれ、人々のつながりが広がると嬉しいです。
 ぜひ、私たちのオススメが詰まった、三木町の魅力を再発見できるフットパスに参加してみませんか?


執筆者:三木町町民Reporter 香川大学経済学部西成ゼミ

香川大学経済学部地域社会システム学科3年
・横島友唯子
 出身は岡山県倉敷市です。鳥が大好きで、家ではペットのインコとよく遊んでいます。今回このフットパスイベントを通して三木町の方と交流できるのを楽しみにしています。ぜひイベントにご参加ください!
・大西真奈美
 出身は徳島県美馬市です。観光に行き、その地域の美味しいものを発見することが趣味です。三木町の自然に癒され、「歩く」楽しさを実感できるイベントになっています!様々な年代の方に来ていただけると嬉しいです!

  • 3ヶ月最短移住計画
  • 三木町の住まいを探そう
  • 求人コーディネーターに相談しよう
  • 100の三木ジマンふるさと納税記念品
  • 三木町で働く人に聞きました

PAGE TOP