香川県三木町移住応援サイト KIT MIKI

メニュー
TODAY'S MIKI 三木の笑顔に出会ったよ

新川ヒガンバナ植栽ボランティア
  ~きれいな新川をめざして~

新川の土手に咲き誇るヒガンバナをみたことがありますか。
ヒガンバナ。まず花が咲き、後から葉っぱが伸びる。
ちょっと変わった咲き方をするお花です。
その名の通り秋のお彼岸頃に開花する花として知られています。
別名「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)とも呼ばれていますね。

これまで「新川をきれいにする会」が新川緑化活動の取り組みとして
ヒガンバナの球根を植栽してきました。
そしてその活動に今年も平井小学校4年生105名が参加をしました。
平井小学校がこの活動に参加をするのは今年で5回目です。

砂橋から蛍橋間の新川沿岸にヒガンバナの球根を植えていきます。
土手は急斜面でとても歩きづらい・・・はずなのですが子どもたちには何のその。
友達と協力しながら上手に、そして何よりとても楽しそうに。
時折照りつける太陽にも負けず、一生懸命頑張る子ども達の笑顔は
汗と共にキラキラ輝いてみえました。
なかには、球根を植えているときにゴミを見つけ拾ってくれる子もいました。

 

「新川をきれいにする会」とは

みんなが気持ち良く歩いたり、川で遊んだりできるよう
市原信夫会長が中心となって、新川をきれいにする活動をしています。
年二回のゴミ拾いや、草刈りなどを実施しています。

悲しいことにゴミを捨てる人もいる・・。
でも
誰かに言われた訳ではなく、自ら進んでゴミを拾ってくれる子もいる。
川がきれいだと心もキレイになる。というより
心がキレイだと、川もきれいになるのかもしれません。

平井小学校代表の児童が
『ふるさと、新川を守っていきたい』と言っていました。
この新川の土手には、私もたくさんの思い出があります。
急な雨に降られて橋の下で雨宿りをしたこともありました。
きれいな新川だったからか、綺麗な思い出として残っています。
子どもたちにもそんな綺麗な思い出を残して欲しいです。
一人ひとりが出来ることをして、みんなで大切に守っていきたいですね。

秋のお彼岸には是非見てみて下さい
新川土手一面の真っ赤なお花。ヒガンバナを。
そしてきれいな新川を。

執筆者:三木町町民Reporter 谷岡 美雪(たにおか みゆき)

三木生まれ、三木育ち、三木在住の三木大好きな2人の娘をもつママです。
三木町で出会った魅力ある人や、お気に入りの店を紹介していきたいと思っています。

  • 3ヶ月最短移住計画
  • 三木町の住まいを探そう
  • 求人コーディネーターに相談しよう
  • 100の三木ジマンふるさと納税記念品
  • 三木町で働く人に聞きました

PAGE TOP