香川県三木町移住応援サイト KIT MIKI

メニュー
TODAY'S MIKI 三木の笑顔に出会ったよ

平井小学校大運動会
【その勝負 奇跡を起こせ 全力で】

太陽の日差しから雲に守られたような心地よい天気の5月26日。
三木町4つの小学校で、運動会が開催されました。
その中で一番の児童数を誇る平井小学校でも全校生562人が、
全力で勝負をして奇跡を起こそうと、熱戦が繰り広げられました。
【その勝負 奇跡を起こせ 全力で】
児童達で考えた、平井小学校今年の運動会テーマです。

『夢をもって』

白井校長先生から「夢をもって運動会に臨んで欲しい」とお話がありました。
先生方のTシャツの背中にも『夢をもって』素敵な言葉です。

その校長先生の言葉のように
徒競走で転んでも最後まで諦めず頑張り、
友達と力をあわせてひとつになって、素晴らしい演技をみせてくれました。
全校生による大玉送りでは、赤組白組に分かれて応援合戦のあと
お互いに応援エールの交換。
全校生、先生方、保護者の皆さん、
この場所にいる人達みんながひとつになったように思えました。

『平小ソーラン』

5年生になるとソーラン節を踊ることが毎年伝統になっています。
そして今年も5年生による『平小ソーラン』が太鼓の合図とともに始まりました。
力強く踊るソーラン節にみんな釘付けです。
特に4年生は「次は自分達が踊る番!」と目を輝かして見入っていました。
5年生もそれに答えようと一段と力が入ります。
踊り終わると達成感で満面の笑みの子がいれば、感極まって泣いている子もいました。
その熱い想い、来年も受け継いでくれることだと思います。

『これまでの軌跡、そしてこれから』

『組立体操』それは6年生だからこそできる競技だと思います。
6年間共に学んで遊んで、楽しいこともつらいことも分かち合って信頼を築いてきました。
友達一人ひとりを信じ先生を信じ、全て身を任せることで
素晴らしい作品が出来上がります。
人間起こしと言われる作品では、その高度な動きに見ているほうがハラハラドキドキ・・・。
しかし児童達は自信に満ちあふれた顔で、子どもたちの成長に感動を覚えました。
大歓声の後どこからともなく拍手が沸き起こりました。

この経験によってさらにみんなの絆は深まり、
全力で頑張ることの大切さを学んだことだと思います。
『夢をもって』残りの小学校生活、そして未来に向かって羽ばたいて欲しいです。
たくさんの感動をありがとう。


執筆者:三木町町民Reporter 谷岡 美雪(たにおか みゆき)

三木生まれ、三木育ち、三木在住の三木大好きな2人の娘をもつママです。
三木町で出会った魅力ある人や、お気に入りの店を紹介していきたいと思っています。

  • 3ヶ月最短移住計画
  • 三木町の住まいを探そう
  • 求人コーディネーターに相談しよう
  • 100の三木ジマンふるさと納税記念品
  • 三木町で働く人に聞きました

PAGE TOP