香川県三木町魅力発信サイト KIT MIKI

メニュー
TODAY'S MIKI 三木の笑顔に出会ったよ

七飯町と三木町の小学生交流事業 
 ~七飯町小学生が三木町へホームステイ~

20周年!!

 平成17年早明浦ダムの渇水で水不足が続く三木町に七飯町が「友情の水」として
三木町の各世帯に配布されたことを覚えていますか。
このような様々な分野で交流が行われ、絆を深めてきた北海道七飯町と香川県三木町が
姉妹都市になって今年で20周年になります。

22回目

 実はその姉妹都市提携を結ぶ以前に、小学生の交流事業は始まっていました。
平成10年から始まった小学生の相互訪問は、体験交流活動、ホームステイを通じて、
そこでしかできない経験を共有し、互いの文化を学ぶことができます。
ジメジメとした梅雨も明け、ジリジリと強い日差しが注ぎだした7月末。
北海道七飯町の小学生が香川県三木町にやって来ました。
今回で22回目となる小学生の交流事業の始まりです。

山南営農組合【2日目:7月27日(土)午前】

 北海道七飯町の小学校7校のうち大中山小学校と七重小学校の子どもたち14名と
三木町4校の子どもたち20名がバスから降りてきました。
ここ山南営農組合でまずは竹細工作りです。
北海道にはほとんど竹林はありません。
竹に触れるのが初めての七飯町の子どもたちが多く、
太い竹や細い竹を手にとって嬉しそうにしていました。
山南営農組合の阿部さんの説明の後、
班に分かれて花瓶やひしゃく、水鉄砲などを作っていきました。

初めはやっぱり七飯町の子も三木町の子もぎこちない感じではありましたが、
協力しあって一緒に作業をしているうちに
バーベキュをする頃には徐々に打ち解けてきたように思えました。

トレスタ白山【2日目:7月27日(土)午後】

午後からは待ちに待ったトレスタ白山でプールです。
七飯町の子も三木町の子もバシャバシャと水しぶきをあげて、
暑さを吹き飛ばしていました。
休憩中には、白山をバックにインスタグラムのパネルで写真をパチリ!
みんな素敵な笑顔です。

ホームステイ【2・3日目:7月27日(土)夕方~28日(日)】

そして夜からはいよいよホームステイがはじまります。
一緒にご飯を食べて一緒にお風呂に入って、もうすっかり仲良しです。
お布団に入ってもなかなか寝ませんよね。
翌日は各ホームステイ先で交流事業。
私達は金刀比羅宮に登り丸亀うちわ作り体験をし
最後はやっぱり三木町で三木まんで願鏡をのぞきに行きました。
ご存じの通りまんでがんとは香川県の方言で全部という意味です。
全部楽しかったと思ってくれたらええなと願いを込めて。
そして香川県を三木町を好きになってくれたら嬉しいです。

来年2月【令和元年2月上旬】

次は三木町の子どもたちが冬の七飯町に行く番です。
それまでの少しのお別れです。
たくさんの楽しい思い出をありがとう。
また来年2月、たくさんの楽しい思い出を増やそうね。


執筆者:三木町町民Reporter 谷岡 美雪(たにおか みゆき)

三木生まれ、三木育ち、三木在住の三木大好きな2人の娘をもつママです。
三木町で出会った魅力ある人や、お気に入りの店を紹介していきたいと思っています。

  • 3ヶ月最短移住計画
  • 三木町の住まいを探そう
  • 求人コーディネーターに相談しよう
  • 100の三木ジマンふるさと納税記念品
  • 三木町で働く人に聞きました

PAGE TOP